goTop

TOP 楽して儲ける 株式投資による収入

株式投資による収入

株を買ってキャピタルゲインとインカムゲインで儲ける

株には2種類の資産を増やす方法がある。「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」。
キャピタルゲインとは株価の変動に伴う利益をいう。譲渡益・資本利得と訳される。逆に、株価が下がり損失となった場合はキャピタルロスと呼ぶ。利子・配当等をインカムゲインという。

株取引と聞いて、まず頭に浮かぶののは、単純に安く買って、高く売って儲けを出すと言う考え方である。
配当金 とは、企業がだした利益の一部をある時期(企業の決算期と第二四半後期)に持ち株に応じて株主に還元すると言う事。

株主優待 とは、株主優待券として知られる、商品券や割引券などの株を保有している事により特典を得られるという事。無い企業もある。
大げさに言えば働かず、これら配当金と株主優待だけで生活が可能なのである。
キャピタルゲイン重視に思われがちだが、インカムゲインも含めたトータルリターン、すなわち総合収益で投資収益を考えていくことが重要。

株取引の重要ポイント
・流行、将来性を見抜く
実際、流行ってからでは遅いと言う事。流行りそうな銘柄を見抜き株価が上がる前に買う。
・世界、日本の景気など全体的な流れを理解する
日経平均株価や市場全体の指標を表すTOPIXを常に意識して。
その会社の状況は良好でも、全体的な景気動向によって株価は下がることもあると言う事。
・買う会社の事について理解して
株を買うとは、会社の将来性を支持すると言う事。支持するにあたりその会社の商品や動向をしっかり理解しておく必要はある。
・これだと思う銘柄がない時は、ただ見守る
買うタイミングが読めない時に、無理に買う必要はないはず。
・1番安い時に買って、1番高い時に売りたいと思うのが本音
しかし、「10%下がったら売る」など、損切りのラインを必ず守るという事が重要。
利益に対しても同じで、「10万円利益が出たら売る」など、自分のルールを授ける事。

株式投資による収入で検索